TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 必読!技術翻訳会社の正しい選び方

必読!技術翻訳会社の正しい選び方

  

技術翻訳会社選びの際に必要なポイントを5つの要素(品質・サービス・料金・納期・トライアル)に分け、それぞれを分かりやすく説明しています。

そもそも技術翻訳とは?

「技術翻訳とは何か」を正しく説明できるでしょうか?
自分に合った翻訳会社を選ぶには、「技術翻訳」についてしっかり理解することが重要です。「技術翻訳とは?」についてまとめておりますので、チェックしてみてください。

技術翻訳とは?
技術翻訳の理解を深める

技術翻訳会社は、どのような基準で選ぶべきか?

技術翻訳(産業翻訳)に限った話ではありませんが、何かしらのサービスを初めて利用する際に、どういった基準で会社を選んでよいか分からず悩んでしまうことはよくあることと思います。

一方で、翻訳会社なんてどこも大差ないだろうから適当に選べばいいという考えの人もいるかもしれません。ですが、一般的な文書翻訳の場合と比べ、技術翻訳の場合はより慎重に業社を選ぶ必要があるのです。

高品質を約束する実績がある

技術翻訳会社選び、第一のポイントは、その翻訳会社のこれまでの実績や対応可能な分野です。

自動車・航空機・船舶・工作機械・IT・土木など、技術翻訳には高度かつ深遠な専門知識が必要となります。その業者がどのような案件を手がけてきたか、どのような分野に門戸を開いているかは、とても重要な判断基準になります。

分野で探す
技術翻訳会社選びのポイント

利用者目線のサービスを提供している

第二のポイントはサービス体制。例えば次のような内容が挙げられます。

利用者目線のサービスをどれだけ実践しているかも、大きなポイントになります。

サービスで探す
技術翻訳会社選びのポイント

市場の適正料金で見積もってもらえる

第三のポイントは料金。現在、技術翻訳業界で主流となっているのは、翻訳する元原稿の文字数(英文の場合は単語数)を元に算出するという方式です。

実際の料金目安は、業者によって差があるのが現実です。これらの点を踏まえた上で、料金の適正さと翻訳の質のバランスがとれているかが重要になります。

料金で探す
技術翻訳会社選びのポイント

翻訳会社の納期はどれぐらい?

第四のポイントは納期。納期は文字数や内容、そして料金によっても違ってきます。発注から3~5日以内の納期を目安に、最短で30分以内の納品が可能なところや、追加料金、特別料金を払うことで特急仕上げが可能な場合もあります。各会社によって納期に関しての対応が異なるので、急ぐ必要があるのか、文字数が少なくて予定に余裕がある場合など、その時の状況によって柔軟に対応してくれるかどうかも大切なポイントです。

納期で探す
技術翻訳会社選びのポイント

技術翻訳会社を選ぶならまずはトライアルを

第五のポイントはトライアルができるかどうか。初めての依頼の際に気になる翻訳の品質レベルをチェックするために、無料トライアルを利用してみると、要望に答えてくれるレベルの翻訳を提供してくれるかどうかが確認できます。文字数の多い依頼の見積もりをすると、一部分を無料でお試し翻訳するサービスを提供している場合があります。そういったトライアルが可能かどうかということも翻訳会社選びのポイントになります。

トライアル有無で探す
技術翻訳会社選びのポイント

それぞれの該当ページでは、上記で挙げたポイントについてより詳しく言及しています。ぜひご一読の上、翻訳会社選びの参考にしてみてください。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。