TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術翻訳を依頼できる会社一覧 » 日立インフォメーションエンジニアリング

日立インフォメーションエンジニアリング

  

英語の技術翻訳を手がける日立インフォメーションエンジニアリングの特徴、会社概要などを紹介します。

技術翻訳を行う日立インフォメーションエンジニアリングの口コミ評判

日立インフォメーションエンジニアリングに関する口コミ評判は、特に見つかりませんでした。会社の翻訳費用・納品スピード・品質に関する日立インフォメーションエンジニアリングの特徴は、以下にまとめているのでぜひ参考にしてください。そのほか、当サイトでは「どの翻訳会社を選ぶべきかわからない」という方のために、安さ・早さ・品質で技術翻訳会社を比較しています。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ英語の技術翻訳会社3選

技術翻訳を行う日立インフォメーションエンジニアリングの特徴

日立インフォメーションエンジニアリングの翻訳料金

翻訳料金について、公式HP上で公開していませんでした。詳細が気になる方はお問い合わせください。

日立インフォメーションエンジニアリングの翻訳納期

海外とのやりとり用のメール文章だけ翻訳してほしいなど、「少量・短納期」の原稿には「スピード翻訳」「スピードリライト」といったサービスで対応。「スピード翻訳」「スピードリライト」とは、サービス仕様・単価、手続き方法などを事前に取り決めし、必要な場合はメール翻訳の依頼ができるというもの。5ページ未満1案件の場合、最短2日での納品が可能となっています。メール文章やちょっとした資料が必要なら、検討の価値があるサービスです。

日立インフォメーションエンジニアリングの翻訳の品質

IT分野の翻訳においては、その分野の知識が豊富な翻訳者とネイティブエディタが担当。ネイティブエディタは、業界標準に準拠したガイドラインに沿って、常時統一観点から翻訳結果をチェック。海外でも受け入れられる自然で品質の高い翻訳となっています。

また、人の手だけではなく翻訳支援ツール「TRADOS」を活用するなど、要望に応じて効率の良い翻訳方法を提案。翻訳の品質レベルは、レベル1からレベル3まで分かれています。

安い・早い・品質で比較!
おすすめ英語の技術翻訳会社はこちら

日立インフォメーションエンジニアリングが対応しているジャンル

IT関連(ソフトウェア、ハードウェア)/医療機器関連/金融分野

日立インフォメーションエンジニアリングの翻訳実績

記載なし

日立インフォメーションエンジニアリングの会社概要

会社名 株式会社 日立インフォメーションエンジニアリング
対応言語 多言語翻訳(韓国語、タイ語、ポルトガル語 他)にも対応
料金目安 英訳・和訳ともに個別見積もり必須
Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。