TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 原子力の技術翻訳

原子力の技術翻訳

  

原子力関連の翻訳(和訳・英訳)に対応する技術翻訳会社と、依頼する会社を選ぶ際のポイントについて解説。原子力関連に限らず、安さ・早さ・品質に注目して技術翻訳会社を探したい方は、以下から当サイトおすすめ技術翻訳会社をご確認ください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

原子力の技術翻訳に対応している会社

原子力関連の翻訳に対応、専門家が翻訳対応してくれることが公式サイト上に明記されている会社の中から無料トライアルが可能な会社をピックアップ(2021年7月調査時点)

ケースクエア

英訳・和訳に特化している翻訳会社。業界で低価格な水準の翻訳料金を実現しつつ、高クオリティの翻訳を提供。英訳だと1字/10円~、和訳だと1単語/10円~(2020年4月調査)とリーズナブルな料金設定。翻訳者は、実務経験の豊富な技術者や研究者、博士号や修士号をもつ、高い専門性を有する専門家。対応ジャンルは非常に多岐にわたっており、取扱文書も幅広いです。官公庁、大学、研究機関、大手企業などが利用。翻訳量が大量の場合には、ボリュームプラン割引もあり。

ケースクエアの口コミ

吹きだしのアイコン

自分で翻訳をしてみたのですが、各技術用語をどのように翻訳したらわからず悩んでいたのですが、ケースクエアに依頼し、このような訳が当てはまるのかと驚くとともに勉強になりました。

吹きだしのアイコン

納品ありがとうございました。修正もなく、いつもながら高品質な翻訳をありがとうございます。またよろしくお願い致します。

※引用元:ケースクエア(https://www.t-transjp.com/)

ケースクエア
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

アイコス

一部上場企業の100%子会社であり、企業コンプライアンスを徹底した高い信頼性が持ち味の翻訳会社。翻訳の品質を担保する「ISO17100」を取得し、良質の翻訳を提供しています。エネルギー・インフラの翻訳においてはASEAN言語に強い日本人、ネイティブ翻訳者を選出。その分野での実務経験がある翻訳者が案件を担当し、各国政府への提出書類など、高い品質が求められる翻訳にもスピーディかつクオリティの高いものを提供します。専門性の高い分野はもちろんのこと、大量のドキュメントにも対応可能

アイコスの口コミ

吹きだしのアイコン

近年はASEAN諸国に関するビジネス活動が活発化してきており、ASEAN言語の翻訳・通訳が必要なときに依頼させて頂いております。いつも短いスケジュールの中でしっかりとご対応頂き、大変助かっております。これからも必要な機会にはぜひご相談させて頂きます。

引用元:アイコス公式HP(https://www.icos.co.jp/business/energy_infra.html)

アイコス
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

コンテックス

機械技術サービス会社として創業しているため、技術者が多数在籍。翻訳者は産業技術翻訳の経験が豊富で、技術文書の翻訳に特化しています。産業・製造機械、油空圧機器、半導体などの分野に対応しており、言語は英語・中国語・韓国語を中心に、さまざまな言語に対応。使用目的・用途を意識した翻訳を徹底し、翻訳者とチェッカ―によるダブルチェック体制で高品質を維持。翻訳支援ツールを積極的に利用することで、短時間で良質な文章翻訳を行っています

コンテックスの口コミ

吹きだしのアイコン

むしろ、ここまでしていただけるんだ、ということでびっくりした。ヒアリングも2回していただき、方向性や、考え方を織り込んでいただいたということで、翻訳半分と強みの引き出しPRのアドバイザーとして、コンタクトも頻繁に取れて大変感謝している。(精密加工会社)
引用元:コンテックス公式HP(https://www.kontecs.com/voice/2446)

吹きだしのアイコン

前回の案件の信頼があった為、依頼しました。
コミュニケーションもスピードも満足しています。
引用元:コンテックス公式HP(https://www.kontecs.com/voice/2154)

コンテックス
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

技術翻訳に対応するおすすめ3社を紹介

原子力関連の技術翻訳は、原子力を安全に利用するためにより厳格に翻訳しなければならず、高い専門知識が必要になります。原子力関連の技術翻訳において、高品質を追求するのであれば、専門に扱う翻訳会社に依頼することが大切です。

当サイトでは、原子力関連の技術翻訳を得意とする会社の他に、コスト・クオリティ・スピードの3つの特徴が優れている技術翻訳会社についても調査しました。対応している翻訳ジャンルや実績についても紹介しているので、会社選びの参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。