TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 国別に解説!技術翻訳をする際の注意点 » ロシア語の技術翻訳をする際に
注意すべきポイント

ロシア語の技術翻訳をする際に
注意すべきポイント

  

日本ではロシア語についてあまり馴染みがないという人の方が多いかと思いますが、実はヨーロッパでは最も母国語として使用している人が多い言語だと言われています。そんなロシア語の特徴や、ロシア語の技術翻訳を外注する際の注意点などについてまとめました。

ロシア語のニーズ

ヨーロッパの中で最も母国語者が多いと言われているロシア語。国際連合では英語・フランス語・中国語・スペイン語・アラビア語と並ぶ6つの公用語のひとつとなっていて、世界で4番目に多く使われている言語なのです。

日本では馴染みがなく、専門の大学へ行くなど自身で積極的に勉強しようとしない限り接する機会はほぼないでしょう。ただし世界中を見ると使用している人が多い言語であるため、ビジネスや交流の場でもロシア語が使用される機会は増えていくかもしれません。

ロシア語の特徴

ロシア語アルファベット

ロシア語アルファベットはキリル文字を使用して表記され、33の文字があります。基本的に「子音+母音」の組み合わせで文字が作られます。ローマ字読みができるものが多いですが、日本語にない発音や発音しない文字もあるので文章を読むときには注意が必要です。

名詞に性がある

ロシア語の名刺には、3つの性があります。男性形・女性形・中性形に区別されていて、主語の性に合わせて名詞を格変化させます。

男性形は語尾が「Й,Ь」で終わるもの、女性形は語尾が「А,Я」で終わるもの、中性形は語尾が「О,Ё」で終わるものとされています。

動詞の変化

ロシア語の動詞のタイプは2つ。「完了体」は動作の完了を表していて、「不完了体」は進行中の動作や反復的動作を表します。例えば「言う」という単語では、「言う」「言い終える」は完了体と呼ばれ、「言っている」「何度も繰り返し言っている」ことは不完了体と呼ばれます。

英語にも完了体自体は存在していますが、ロシア語ではさらに細かく区分されています。

ロシア語の技術翻訳を外注する際の注意点

ロシア語はとても複雑な言語です。日本語原稿「A4用紙・1枚」をロシア語に翻訳すると、同じように「A4用紙・1枚」には収まりません。ロシア語は状況説明のために多くの単語を使用するので、文字数が多くなりがちです。

また、ロシア語はロシアだけでなく旧ソ連からの独立に伴う他の国々で使用されています。各国の国語に起因する癖があったり、地域によって微妙な言語の違いがあったりするところもロシア語の難しさのひとつです。ロシア語の技術翻訳を外注する際は、ロシア語の文法に精通したプロにネイティブチェックしてもらった方がよいでしょう。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

実務経験豊富な翻訳者が在籍
マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
8円~
和訳
8円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

高精度の翻訳手法
医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格である「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
8.5円~
和訳
9.4円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

学位所有の翻訳者多数
学術論文に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ多数の翻訳者が対応

COST
英訳
16円~
和訳
20円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。