TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術翻訳を依頼できる会社一覧 » Accent株式会社

Accent株式会社

  

Accent株式会社が行う技術翻訳サービスについてご紹介しています。

技術翻訳を行うAccent株式会社の口コミ評判

Accent株式会社に技術翻訳を依頼した方による口コミや評判の声は、見たりませんでした。会社の翻訳費用や納品スピード、品質に関するAccent株式会社の特徴をまとめていますのでぜひ参考にしてください。

また当サイトでは、「どの翻訳会社を選ぶべきからわからない」という方のために、安さ・早さ・品質で技術翻訳会社を比較しています。

Accent株式会社の特徴

Accent株式会社の翻訳料金

Accent株式会社取り扱っている翻訳サービスは、翻訳のボリュームや継続性により料金が変化します。レイアウトが必要なケースや作表・作図では別途料金が必要になることもあります。

和訳と外国語訳の目安となる料金は以下のとおりです。

外国語から日本語 1単語

日本語から外国語

Accent株式会社の翻訳サービスは、最適なプロセスを採用しており、正確に訳出するだけでなく自然に仕上がるように担当者を決めています。

また初めての取引の場合、無料翻訳トライアルが用意されており、400文字(200ワード)の原稿を無料トライアルできます。 15000文字以上(7500ワード)以上の原稿か継続的なプロジェクトに限りますが、翻訳品質を確認するのに活用できるサービスです。

<また原稿の見積もりは文字ボリュームをベースに行います。1度の注文の最低発注額は25,000円です。

Accent株式会社の翻訳納期

納期について公式ホームページには記載されていませんでした。

Accent株式会社の翻訳品質

用途にあった文体や適切な用語を確認できるように、経験豊富なプロジェクトマネージャーが品質を管理します。 例えば日英翻訳を行う場合、英語ネイティブが翻訳を担当することで正確な訳出になるケースが多いですが、難解な日本語に訳す場合に日本語ネイティブが担当することで自然な文法になることがあります。

案件ごとに翻訳制作カルテ作成を行い、適切な翻訳者の選定 、チャック体制の構築を行うことで高い品質で翻訳可能となりました。

Accent株式会社が対応しているジャンル

Accent株式会社の翻訳実績

キャノンやシャープ、ソニーヤマハなど有名な企業やヤマハ発動機や三菱重工など機械分野の企業も主な取引先です。

法務省や環境省など官公庁や独立行政法人などとも取引しています。さらに多くの大学や法律事務所でも実績があります。

Accent株式会社の会社概要

会社名 Accent株式会社
対応言語 多言語翻訳 世界34言語対応
料金目安 英訳1字9円~/和訳1語11円~
住所 東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス8F
アクセス JR『東京』駅京葉線連絡口と直結
Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。