TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 医療文書の翻訳

医療文書の翻訳

  

医療文書とは医学論文、医学書だけじゃなく、学会発表用資料、原稿、ジャーナル投稿記事、そして医療カルテなど多種あります。正確に訳すにはそれなりの専門的知識を持った人でなければできません。

医療文書の翻訳(和訳・英訳)に対応する技術翻訳会社と、依頼する会社を選ぶ際のポイントについて解説しています。医療文書に限らず、安さ・早さ・品質に注目して技術翻訳会社を探したい方は、以下から当サイトおすすめ技術翻訳会社をご確認ください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

医療翻訳会社の選び方

1.取引実績が多い

取引実績を指標とするのがいい翻訳会社を選ぶ近道です。どの業界にも言えることですが、高品質なサービスを提供している会社であれば依頼の数、つまり取引実績はおのずと多くなるものです。取引実績が多い会社ならば口コミ等も多く存在します。自社のホームページでは取引実績の紹介をしているはずです。取引実績が多ければ医療関係者からの信頼も受けている証拠となります。

2.チェック体制の確認

誤訳は患者の命を危険のさらす可能性もありますので絶対に避けなければなりません。そのために翻訳会社では複数回のチェックをする体制を整えているところがほとんどです。ただし、中にはチェック体制がない翻訳会社もありますので、そのような会社は避けるべきでしょう。

また料金プランによってチェックが少ないプランもあると思いますが、これも避けたいところ。最低でもダブルチェックは必須です。1人で翻訳からチェックまでというのは料金こそ安くなるとは思いますがお勧めできません。予算もあるとは思いますが、欲をいえば、専門家、そしてネイティブのチェックを受けられるような翻訳会社が安心です。

医療文書の翻訳に対応している会社

医療文書の翻訳に対応、専門家が翻訳対応してくれることが公式サイト上に明記されている会社の中から無料トライアルが可能な会社をピックアップ(2021年7月調査時点)

ケースクエア

業界でもひときわリーズナブルな価格を実現している翻訳会社。英訳は1字/10円~、和訳は1単語/10円~(2021年7月調査)。驚きの低価格にもかかわらず、翻訳量が多い場合、ボリュームディスカウントを行うなど、サービス内容が充実。翻訳においては実務経験の豊富な技術者や研究者、博士号や修士号を取得した高い専門知識を持つ専門家が案件を担当します。官公庁や公的機関などの取引実績も多数あるため、信頼感においても申し分ないでしょう。無料トライアルで品質の確認も可能です。

ケースクエアの口コミ

吹きだしのアイコン

引用文献や不明な個所やなどをコメントに入れていただけたので、とてもわかりやすく、大変助かりました。ありがとうございました。また是非依頼をお願いしたいと存じます。(某中小企業様)

吹きだしのアイコン

かなり複雑な配置でしたがきれいに仕上げていただき誠にありがとうございます。翻訳品質含め、大変満足しております。(某大手ロジスティクスカンパニー様)

引用元:ケースクエア公式HP(https://www.t-transjp.com/)

ケースクエア
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

NAIway(ナイウェイ)

多言語に対応、高品質にこだわり、担当のコーディネーターによる事前のヒアリングを実施しているNAIway(ナイウェイ)。ヒアリングをもとに、依頼内容にマッチする翻訳者を選出。品質が問われる医療文書においては、翻訳技術はもちろんのこと、依頼内容の留意点をきちんと把握することが重要です。また、NAIwayの母体であるNAIは、英語学術論文のサポート業務を行っており、医療・医薬の分野においては20年以上もの翻訳実績を持ちます。長年にわたり翻訳を手掛けてきたノウハウをもとに、高品質の翻訳を提供してくれます。

NAIway(ナイウェイ)の口コミ

吹きだしのアイコン

納品形態もWord・Excel・PPT・DTP作業と様々に対応していただいています。細やかな要望もコーディネーターが融通を利かせてくれており、困っていることはありません。今後も引き続きお願いしたいと思っております。(ラムウェストンジャパン株式会社 様)

吹きだしのアイコン

メールや電話での対応も良く、またニュアンスの確認の連絡もスピーディーで助かっています。今後も増えてくるかと思うので、引き続きお願い致します。(印刷会社 様)

引用元:NAIway公式HP(https://www.naiway.jp/voice/)

NAIway(ナイウェイ)
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

クリムゾンインタラクティブジャパン

ビジネス文書の英語翻訳に強みを持つクリムゾンインタラクティブの日本法人。社内に150名のネイティブチェッカーが常駐しています。翻訳者は世界中に2,000名以上いる世界の一流大学で修士号・博士号を取得した各分野の専門家。対応言語は50カ国以上。8つの専門分野(医療・医薬、技術、広報、IT、金融、法律、特許、証明書)に対応しています。ネイティブチェックのある翻訳料金は、英訳で1文字17.9円~と若干高めです。(2020年4月調査)

クリムゾンインタラクティブジャパンの口コミ

吹きだしのアイコン

かなり大規模で広い分野の翻訳を依頼しましたが、翻訳担当が各分野に精通していたので翻訳が適切でした。翻訳担当の方以外にもいろんな方に関わっていただき、クリムゾンインタラクティブジャパンのお陰で納得のいく本を完成させられました。

吹きだしのアイコン

英訳から紙面の構成までサポートしてもらえました。品質、納期共に満足しております。

クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

アイコス

翻訳の品質を担保する「ISO17100」を取得し、質の高い翻訳を提供するアイコス。一部上場企業の100%子会社であり、企業コンプライアンスを徹底した高い信頼性が持ち味の翻訳会社です。専門性の高い分野はもちろんのこと、大量のドキュメントにも対応可能。IT、金融、機械、アパレルなど、対応可能な分野は多岐にわたります。医療文書の翻訳においては医薬メーカーや化学薬品メーカーでの実務経験者や、その分野での実績が豊富な翻訳者を選出。最低でも5年以上の経験を持つ翻訳者を採用しています。また、翻訳後も3回にわたるフォーマットのチェックを行うなど、品質管理も徹底しています。

アイコスの口コミ

吹きだしのアイコン

急遽、MDR 発効による弊社の各種医療機器マニュアルや取扱説明書などの翻訳をお願い致しましたが、用語統一は十分に行って頂き、なおかつ大量の翻訳をこちらから指定した通りに納品して頂きました。

吹きだしのアイコン

元々は別の翻訳会社に依頼をしておりましたが、用語統一と納期が課題でした。医療は専門用語や弊社内で使いまわしている用語があるため統一が面倒でしたが、アイコス社では柔軟かつ適切に対応して頂き、なおかつ急な納期でも対応してくださいました。

引用元:アイコス公式HP(https://www.icos.co.jp/business/medical_chemistry_beauty.html)

アイコス
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

横浜ドキュメントデザイン

技術翻訳やマニュアル翻訳、ITや金融など、あらゆる分野の翻訳が可能な横浜ドキュメントデザイン。翻訳業務管理ツールを導入し、業務プロセスを最適化。効率を図ることで品質を保ちながら、コストパフォーマンスに優れたサービスを提供しています。翻訳後は校正・ブラッシュアップの工程を経て、十分な品質を確保したものを納品。納期優先やコスト重視、専門性重視など、用途に合わせて柔軟に対応してくれます。また、大量のドキュメント翻訳には通常価格よりも低コストで翻訳を行うことが可能です。

横浜ドキュメントデザインの口コミ

同社に技術翻訳を依頼した方による口コミや評判の声は、見当たりませんでした。

横浜ドキュメントデザイン
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

翻訳ACN

学術論文の翻訳を得意とし、医学翻訳の実績が豊富な翻訳ACN。学位を取得した経験豊富な翻訳者300名以上が在籍しており、各分野に応じて正確な翻訳を提供。医療分野に精通した翻訳者が作業にあたってくれます。論文翻訳のなかでもとくに医学系の学術論文・投稿論文の翻訳を得意とし、国内外の医学雑誌への投稿実績も多数。その知識や専門性の深さから、研究期間や医療機関からの高い支持を得ています。また、すべての翻訳にネイティブチェックを入れるため、品質もきちんと担保しています。

翻訳ACNの口コミ

吹きだしのアイコン

作業後も質問などに丁寧に応じてくれますし、校正者や翻訳者からのアドバイスは大変勉強になります。日々研究などの実務に追われている私にとってACNは強い味方です。これからも宜しくお願いします。(国公立大学医療系学部)

吹きだしのアイコン

スタッフの方の応対やトライアルについて比較検討した結果、トータル的なサービスの品質からACNへの依頼を決めました。品質やアフターフォローの点ではもちろんですが、こちらの不明点をしっかり解決してくれる対応も魅力です。(医療機器メーカー)

引用元:翻訳ACN(https://t-acn.com/igaku.html)

翻訳ACN
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

翻訳会社FUKUDAI

高品質とコストパフォーマンスを実現した翻訳を提供する翻訳会社FUKUDAI。医薬・医療翻訳においては病院で臨床業務を20年間経験し、医療翻訳者として12年の実績を持つスタッフや、大手医薬メーカーに実務経験があり、20年以上医薬論文の翻訳に従事してきた翻訳者が案件を担当。専門用語を熟知したベテランの翻訳者が多数在籍しているのが強みです。医療文書の翻訳料金は原文100文字あたり1,000円~(2021年7月調査)。大量文書にはボリュームディスカウントが適用されるので、品質はもちろんのこと、コスト面も重視したい方にもおすすめです。

翻訳会社FUKUDAIの口コミ

吹きだしのアイコン

翻訳、ありがとうございました。内容をしっかり翻訳できています。非常に早い対応で感謝しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。(大学病院様 医療翻訳)

吹きだしのアイコン

正確な翻訳、早い納品だけではなく、ご丁寧にコメントまで付けて頂き有難うございました。これからも依頼しますので、宜しくお願いします。(大学法人様)

引用元:翻訳会社FUKUDAI公式HP(https://www.fukudai-trans.jp/voice/)

翻訳会社FUKUDAI
公式HPでプランを確認

電話で問い合わせる

技術翻訳に対応するおすすめ3社を紹介

人命を預かる医学分野は、技術翻訳の中でもより高度な専門知識を要求されます。また、医学関連の技術翻訳には、さまざまな分野と医療文書があります。医学用語も多く使われているので、熟知した専門家でないと正確な翻訳をすることができません。いろいろな技術翻訳会社がありますが、高品質を望むのであれば医療分野を専門とする技術翻訳会社を選びましょう

当サイトでは、医療文書の技術翻訳を得意とする会社の他に、コスト・クオリティ・スピードの3つの特徴が優れている技術翻訳会社についても調査しました。対応している翻訳ジャンルや実績についても紹介しているので、会社選びの参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

医療翻訳とは

医療翻訳で扱われる文書は多種あります。誤訳をすれば患者の生命を脅かすような事態を招いてしまう可能性も。そういった意味で、他の分野の翻訳に比べて責任が大きいのが医療翻訳です。そして医療翻訳には専門知識が間違いなく必要となってきます。英語が得意というレベルとは次元が違ってくる話なのです。

医療翻訳に必要なこと

医療翻訳と言ってもいろいろな医療分野があります。そしてその医療分野それぞれが専門性をもって研究がなされており、その医療分野に深い理解がないと翻訳をすることは難しいと言えます。したがって各医療分野に精通した翻訳者を選んで翻訳をお願いすることが必要です。正確な翻訳はもちろんのこと、医療文書には準拠すべきガイドラインやルールがあります。

例えば学術論文ならば、注釈、参考文献・資料の記載の仕方など規定されている文書の作成の仕方があります。また、治験関連の文書は、複数のガイドラインや資料に準拠しなければなりません。標準化された文書でなければ世界で情報を共有することが難しいからです。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。