TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 必読!技術翻訳会社の正しい選び方 » 翻訳会社の納期はどれくらい?

翻訳会社の納期はどれくらい?

  

翻訳会社へ依頼をする際、コスト、品質、納期といったことが気になるのではないでしょうか。コストとスピードを重視したため低品質の翻訳になってしまったら本末転倒です。ここでは翻訳会社の納期と、納期短縮につながるポイントなどを見ていきます。

技術翻訳会社の平均納期について

英訳(日本語原稿から英語文章へ翻訳)の場合

処理量は原稿内容によっても異なりますが、一人の翻訳者が1日で処理できる分量が日本語3,000文字程度。翻訳が終わった後のチェック作業は1日で処理できる分量がおよそ6,500文字程度とされています。なので原稿が6,000文字だとすると翻訳に2日、チェックに1日、さらに最後の検品や作業前の準備なども含めるとさらに日数が加算されていきます。

和訳(英語原稿から日本語文章へ翻訳)の場合

こちらも処理量は原稿内容によっても異なりますが、1日で処理できる翻訳量として英単語2000語程度、その後のチェックは4,000語程度とされています。単語4,000語の原稿であれば翻訳に2日、チェックに1日、そして英訳同様検品や作業前準備などを含めて考える必要があります。

技術翻訳会社によって納期は全く異なるため、依頼前に問い合わせてみましょう。依頼する会社選びに迷っている方は、安い・早い・高品質のポイントで選出した技術翻訳会社比較を参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

少しでも納期短縮で翻訳会社に依頼するコツ

では納期を少しでも短縮するためにはどうしたらいいのかを見ていきましょう。

翻訳品質に関する作業を取捨選択する

目の前にある案件がどれぐらいの品質を求められているのかによって、翻訳の品質に関わる作業を取捨選択していくことが大切になります。例えば社内のみの使用で済む文書であれば、ネイティブチェックの工程を外す、機械翻訳にしてみるなどが挙げられます。

専門用語・関連のサイトを伝える

技術翻訳の場合、分野によって専門知識がある翻訳者が担当することが多いかと思いますが、それでも知らない用語はあったりするものです。発注の際に前もって使用する専門用語を伝えておく、また関連する情報が載っているサイトを知らせる、といったことをしておくと、翻訳の参考となり、作業時間の短縮にもつながります。

翻訳会社への依頼で失敗しないポイント

納期短縮には翻訳ミスや品質低下などリスクも発生します。リスクを避けるには人の手による翻訳が安心で安定した方法です。納期短縮につながる発注側の配慮と、人の手による翻訳でもスピーディーに作業可能な会社選びが失敗へのリスクを減らします。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。