TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術翻訳を依頼できる会社一覧 » gengo

gengo

  

gengoの技術翻訳サービスについて紹介します。

gengoの口コミ評判

gengoに技術翻訳を依頼した企業の担当者によると、「gengoは時間を選ばずオンデマンドで翻訳を注文でいるため、夜中に発注をしても朝には翻訳が戻ってくる」、「gengoの翻訳システムを組み込んだ商材サービスが、わずか8ヶ月で構築できた」など、納期の速さに高い評価をあたえる口コミがありました。

24時間いつでもオンラインで発注できるgengoのサービスは高評価のようです。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ英語の技術翻訳会社3選

gengoの特徴

gengoの翻訳料金

gengoの技術翻訳は、翻訳レベルにともなって、3つのコースに分かれています。

料金目安としては1文字あたり

となっています。

gengoでは、語数に基づくわかりやすい料金設定。追加料金や最低料金などに関する不透明な請求もないため、「新市場にチャレンジしたい」といったタイミングで利用したいところです。

そのほか、企業が「10万字を超えるような大規模な依頼をしたい」といった場合や、定期的な発注を見込める場合であれば、より詳細に相談に乗ってくれるため、公式ウェブサイトから問い合わせてみましょう。

gengoの翻訳納期

納期について、公式ウェブサイトには納期について具体的な記載はありませんでしたが、gengoは、翻訳業務を、クラウドを活用したマネジメントと「人力翻訳API」を活用することで迅速に行っており、1週間のうちに何百万単語もの翻訳を迅速に納品していると、納期に自信があります。

gengoの翻訳の品質

全世界に2万1,000人を超える、gengo認定のネイティブスピーカーが翻訳業務にあたるため、その翻訳レベルは非常に高いことで知られています。gengoが提携を結ぶ翻訳者は、応募者の中から選ばれたごく一部の人。慎重なプロセスを通過し、採用しています。

選ばれたネイティブ翻訳者は、長年にわたって翻訳業務に携わってきた経験豊かなプロばかりです。

安い・早い・品質で比較!
おすすめ英語の技術翻訳会社はこちら

gengoが対応しているジャンル

gengoの翻訳実績

大手企業からの発注にも翻訳実績があるgengo。メディアでは「東洋経済」の紙面に関する翻訳業務を行っており、「月曜に依頼すれば火曜の夜にはできている」ほどの対応力を持っています。そのほか、様々な分野に実績があります。

gengoの会社概要

会社名 株式会社gengo
対応言語 多言語翻訳 世界64言語
料金目安 1単語5円~
住所 東京都:東京都渋谷区渋谷3-27-11 祐真ビル新館8F
アクセス JR渋谷駅から徒歩2分
Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。