TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術翻訳を依頼できる会社一覧 » スピード翻訳
(旧GMOスピード翻訳)

スピード翻訳
(旧GMOスピード翻訳)

  

急ぎの案件対応に特化している、スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)を調査。技術翻訳を依頼した人からの口コミ評判や、料金目安などを紹介します。

技術翻訳を行うスピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の口コミ評判

吹きだしのアイコン

まず翻訳の速さに感心させられます。また出来ばえに関しても、多くの専門用語を含め、しっかり翻訳されていて、自分には考えつかないような言い回しなどもあって、勉強になる位です。また機会があればお願いしたいと思います。(IT・情報通信)※2013年時点の口コミ

※引用元:Gmo翻訳評判free games(http://961w7d.4dq.com/b151.php)

吹きだしのアイコン

急な依頼にも関わらず、大変丁寧に仕上げていただいているのが実感できました。スピードが速いのはもちろんですが、きちんと背景や業界事情も踏まえているのはさすがだと思いました。深く感謝申し上げます。(IT・情報通信)※2013年時点の口コミ

利用者からの評判の次は、スピード翻訳の翻訳費用・納品スピード・品質に関する特徴をご紹介します。そのほか、当サイトでは「どの翻訳会社を選ぶべきかわからない」という方のために、安さ・早さ・品質で技術翻訳会社を比較しました。迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ英語の技術翻訳会社3選

技術翻訳を行うスピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の特徴

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の翻訳料金

スピード翻訳の大きな特徴としては依頼からプラン選択、翻訳作業から納品までがオンライン上で完結するという点があります。

スピード翻訳に技術翻訳を依頼する場合、専門分野に精通した翻訳者を依頼者が直接指名して依頼する「指名翻訳」がメインプラン。指名翻訳では、言語や専門分野、納期といった要素により料金が変動するため、正確な金額は個々の案件ごとに見積もりをとる必要があります。

基本料金の目安として、ビジネス文書の場合は日本語から英語への英訳が1文字10.5円、英語から日本語への和訳が1ワード21円となっています。

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の翻訳納期

スピード翻訳はその名の通り、急ぎの翻訳案件対応を大きな特色としています。例えば英単語50ワード、日本語100文字以内であれば最短30分以内、英単語100ワード、日本語200文字以内であれば最短1時間以内の納品が可能です。この30分・1時間というのは、翻訳担当者が決まってからの時間になります。例えば12:00に依頼した場合で12:05に担当者が決まったとしたら、納品の時間期限は12:35です。また逆に急がない場合、最大10日間まで納期延長も可能です。担当者決定から2時間以内の受注待機時間となっていますが、納期を長く設定するとこの受注待機時間も最大12時間まで伸ばすことができます。

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の翻訳の品質

スピード翻訳の翻訳者は会社独自のトライアルテストを突破した人たちで構成されています。このトライアルテストの合格率は20%程度という厳しい基準となっています。また「プロの翻訳者によるスピード重視の翻訳サービス」を重視し、作業開始後は納品まですべて一人の担当翻訳者が責任を持つことで、納品期間も短くすることができています。品質管理の取り組みとして、月ごとに翻訳納品物をランダムにピックアップし翻訳の品質チェックを実施。納品物を個々に評価し、もし自社基準のレベルに達していない納品物を見つけた場合は、その担当翻訳者は次回以降の翻訳作業を辞退してもらうなどの対策を取っています。

安い・早い・品質で比較!
おすすめ英語の技術翻訳会社はこちら

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)が対応しているジャンル

IT・ソフトウエア/医薬/バイオ/化学/エネルギー/環境翻訳/特許/知財/法律・契約書/金融・会計/預金通帳・戸籍/ゲーム・アプリ

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の翻訳実績

記載なし

スピード翻訳(旧GMOスピード翻訳)の会社概要

会社名 スピード翻訳(Xtra株式会社)
対応言語 英語、韓国語、中国語、フランス語、ドイツ語など
料金目安 英訳1字10.5円/和訳1語21円(※ビジネス文書の場合)

(指名翻訳の場合、期日と分量により異なる)

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。