TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 求人翻訳におけるポイント

求人翻訳におけるポイント

  

少子化が進行している日本社会では、この先、いっそうの働き手不足になることが避けられません。そのため外国人労働者の受け入れは、業界の違いにかかわらず進んでいき、求人情報の広告を日本語以外の多言語に翻訳することが求められてゆくのです。ここでは、求人広告の翻訳の必要性をはじめ、求人翻訳の注意点などについて解説します。

少子高齢化が進行する日本社会においては、将来的に外国人の労働者を働き手として迎えなえればならないと言われています。実際、日本の人口は減少し続けており、2050年までには日本の人口は1億人を割ってしまう可能性も。農業や観光業、介護といった分野では、先んじて外国人の労働者を採用し、彼らもどんどん活躍し始めています。

来日する前から日本語を学習している外国人はもちろん、日本語の留学を目的に入国した外国人でも就労許可を持って働いているケースは少なくありません。

求人広告の翻訳の必要性

上記で上げた業界分野はもちろん、そうでなくても、これからの人手不足が想定されていますから、今後は求人広告を掲出する場合にも、募集情報の翻訳をおこなう必要性が上がっていくでしょう。たくさんの外国人に情報をリーチさせることができれば、優れた人材を集めることにも役立ちます。英語はもちろん、アジア系の外国人を呼び込むためには、多言語での翻訳も視野に入ってくることでしょう。

実際に、日本語以外の様々な言語で求人広告を出すことができなければ、日本語はまだまだ不得意であったとしても、就労する上で役立つ優れたスキルに精通する人材を逃してしまうことになります。

そもそも、日本語の求人情報は漢字や独特な言い回しが多いために、外国人にとっては難しい場合が多いもの。英米圏の優れた人材や、国全体の平均年齢が若い東南アジアなど、漢字の使用に縁がないために、日本語の求人広告のみでは情報をリーチさせることも魅力的な人材を集めることもできない状態になってしまうのです。一方で、多言語で求人情報を出すことができれば、他の日本語の求人広告に埋もれてしまうことを避けることができますから、優れた外国人労働者を率先して集めることができるようになります。

外国語求人の注意点

外国語の求人広告を出す際は、プロの翻訳者がいる翻訳会社に依頼することをおすすめします。というのも、外国人の求人を出す際には、様々な注意点があるからです。

例えば、求人情報で人種や国籍などを限定することは法律違反になる恐れがあります。また使用できる言語の種類や習熟度なども、職務によっては高いレベルが求められますから、指定すべきケースもあるのです。就労ビザの有無を確認する必要もありますし、雇用形態や就労時間についての規定なども記載するようにしましょう。文化の違いについても注意しましょう。

優れた外国人労働者を他社に先んじて集めるためには、求人広告の翻訳が必要になってきます。これからの働き手不足に備えるためにも、プロの翻訳者がいる翻訳会社にまずは相談してみましょう。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。