TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 国別に解説!技術翻訳をする際の注意点 » ヒンディー語の技術翻訳をする際に
注意すべきポイント

ヒンディー語の技術翻訳をする際に
注意すべきポイント

  

ヒンディー語は、そもそもが日本人にとっては非常に難解な言語の一つであり、それを技術翻訳するとなれば、専門的な知識を持ったプロに依頼するのも一つの方法として考えられるでしょう。

このページでは、ヒンディー語の特徴などについて紹介していきます。

ヒンディー語のニーズ

ヒンディー語は、人口13億人以上、公用語が20以上あると言われているインドにおいて、北部・中部を中心に全体の4割と、国内で多くの人が扱う言語となっており、連邦公用語ともされています。使用人口は世界で3番目と多く、首都機能を持つニューデリーも北部にあるため、インドの大きな商圏のあるエリアで取引を行うのであれば、ヒンディー語の翻訳は非常にニーズが高いと言えるでしょう。

ヒンディー語の特徴

ヒンディー語の大きな特徴として挙げられるのが、「デーヴァナーガリー」と呼ばれる独特の文字です。日本ではなかなか見ないタイプの文字なので、不慣れな人であれば、理解するのは非常に難しいでしょう。

ヒンディー語の語順は、「主語+目的語+述語」となります。修飾語が名詞の前に来る、後置詞を用いるといった点は、日本語と近いところがあります。

ヒンディー語の動詞は、他の動詞と組み合わせることで語形が変化します。英語の「be動詞」と同じような役割をする「コピュラ動詞」と呼ばれるものがあり、現在形なら人称や数、過去形なら主語の性や数といった要素で、語形が変わっていきます。

ヒンディー語には、名詞に「男性名詞」と「女性名詞」の区別があります。これも、後置詞によって語形が変わる要因となります。

ヒンディー語の技術翻訳を外注する際の注意点

ヒンディー語はインドで連邦公用語とされていますが、インドにはたくさんの公用語があり、東部と西部では方言の違いもあるなど、言語については非常に複雑です。

また、言語だけでなく数字に関しては1から100までを全く違う単語で表現するなど、独特な部分がたくさんあります。翻訳を依頼する際には、こうした要素にも対応してくれるところに頼みましょう。また、使い慣れない文字になるので、文字化けにも注意が必要です。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

実務経験豊富な翻訳者が在籍
マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
8円~
和訳
8円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

高精度の翻訳手法
医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格である「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
8.5円~
和訳
9.4円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

学位所有の翻訳者多数
学術論文に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ多数の翻訳者が対応

COST
英訳
16円~
和訳
20円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。