TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 裁判に関わる翻訳

裁判に関わる翻訳

  

国際離婚からM&Aまで、裁判・法律に関わる翻訳には、どのようなことが求められるのでしょうか?グローバル化が進む昨今だからこそ需要が高まっている翻訳分野について、理解しておくべきポイントをまとめています。

裁判資料の翻訳

経済活動のグローバル化にともない、日本企業が世界中に進出しています。それと同時に需要が高まっているのが、裁判資料の翻訳です。国をまたいだ裁判はもはや珍しくありません。社員や企業が訴訟対象として訴えられたり、社員の国際結婚、国際離婚などが増えているのが要因です。

これは同時に裁判に必要な書類をはじめ、外国人従業員の処遇に関わる社内規定文書、M&Aに関わる書類といった法律文章の翻訳サービスも同様に需要が高まっていることを意味しています。こうした書類は、裁判に提出を求められる証拠書類や必要書類など、膨大な量に及びます。

また、同じ業界で起こっている海外での裁判事例などを把握するさいにも、裁判資料の翻訳は欠かすことができません。

当サイトでは、コスト・クオリティ・スピードの3つの特徴が優れている技術翻訳会社について調査しています。裁判資料ほか、対応している翻訳ジャンルや実績についても紹介しているので、会社選びの参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

裁判資料の翻訳のポイントは?

裁判における技術翻訳では、裁判で用いられるすべての資料が翻訳の対象となります。つまり、訴訟文や判決文はもちろん、証拠書類や証言に関わる記録書類、報告書、個人情報を含むデータなど、裁判で用いられる膨大な資料すべてを対象にしなければならない、ということです。

そのため、高度な外国語能力は基本として、さらに法律的な専門用語や言葉遣いにも精通し、日本はもちろん、対象国における法律制度や判例等の知識までもカバーできることが求められるのです。いずれも、精確かつスピーディーに翻訳することができなければ、裁判を進めるうえでクライアントを不利な立場にしてしまうかもしれません。そうした意味でも、裁判書類の翻訳には、とても重要な責任があるのです。

民事訴訟・刑事訴訟それぞれの特徴

裁判は民事訴訟と刑事訴訟にわけることができます。前者では企業間および個人間のトラブルを扱いますが、翻訳量が膨大になる、ケースが考えられます。企業では、日本が輸出した製品に関する「PL訴訟」や、特許制度に関わる知的財産権などの裁判が多いと言えます。

また個人間のトラブルでは、遺産相続や国際離婚などが一般的です。一方、刑事裁判になると、犯罪や暴力といった警察が介入する犯罪行為になります。いずれにしても、裁判資料の翻訳の精確さ、素早さが裁判の結果を左右しかねないポイントと言えるでしょう。

翻訳にあたっては、経験豊かな専門家や、この分野のエキスパートを抱える翻訳会社に依頼するようにしましょう。ネイティブの法律専門家にも担当してもらえる企業であれば、ベストと言えるでしょう。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。