TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 契約書の翻訳

契約書の翻訳

  

ビジネスのグローバル化の流れが進み、日本の企業が海外の取引企業、従業員等として迎え入れる外国人と契約書を結ぶシーンが増えています。契約書とは、当事者と取引先の間で定めた同意や取り決めを明文化することで、将来的に契約違反等のトラブルが発生した場合に対応できるように交わされるものです。時には、契約書を結ぶことが法律的に求められる場合もあります。このような契約書の翻訳をおこなう仕事には、当然ながら、正確性の高い品質が求められることになります。

契約書の翻訳で求められる専門性とは

契約書には様々な種類があります。仕事の依頼に関わる「業務委託契約書」をはじめ、情報漏洩を防ぐための「秘密保持契約書」、また「賃貸借契約書」などが基本的な契約書になってきます。こういった契約書を翻訳するにあたっては、語学力の高さは言うまでもなく、①法律分野における専門性、および②契約が結ばれる業界についての専門性の2点が、翻訳者に求められることになります。

1.法律分野における専門性

海外における契約書では、「リーガルリスクマネジメント」という言葉が一般的に使われるように、発生したトラブル等の処理に関わる部分で、できるだけリスクを取り除くことが肝要になってきます。どれだけ信頼関係があり、口頭で取り決めをしていたとしても、海外では契約書に記載されていなければ無効になってしまう場合があるなど、海外の法律体系に関する知識を持って翻訳にあたることが求められるのです。

2.契約が結ばれる業界についての専門性

業務契約においては、機密情報等の技術的な内容も記載されることが珍しくありません。その業界の専門用語や業界用語が使用されますが、それら用語についての知識がない場合、誤った内容に翻訳され、認識に齟齬を生む恐れのある文章で契約書が結ばれてしまうことになります。契約書の翻訳にあたっては、その業界、その用語に関する専門知識があることも求められるのです。

契約書の翻訳における翻訳会社の選び方

契約書の翻訳には、高い語学力を持ち、日本と海外の契約書式の違い等を認識していることはもちろん、法律的なリスク排除や専門性に通じた翻訳者による翻訳が必要です。

契約書の翻訳にあたっては、翻訳会社の実績をチェックすることはもちろん、実際に翻訳にあたる翻訳者の専門分野などを確認したうえで依頼するようにしましょう。もしもその契約書が翻訳者によって未経験の分野であった場合は、誤った内容で契約が結ばれてしまい、思わぬ契約違反の行為や、トラブルが発生した際に大きすぎる補償等を求められるリスクがあります。

機密情報等を扱う契約書の翻訳には、翻訳会社や翻訳者からの情報漏洩が起こらないように、セキュリティ対策をチェックすることも重要です。

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。