TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術翻訳を依頼できる会社一覧 » エイブス

エイブス

  

IT・ローカライズ分野に特化した技術翻訳会社・エイブスについて紹介しています。取り扱う文書やサービスの特徴についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

技術翻訳を行うエイブスの口コミ評判

エイブスに技術翻訳を依頼した方による、口コミや評判の声は見当たりませんでした。会社の翻訳費用・納品スピード・品質に関するエイブスの特徴は、以下にまとめているのでぜひ参考にしてください。そのほか、当サイトでは「どの翻訳会社を選ぶべきかわからない」という方のために、安さ・早さ・品質で技術翻訳会社を比較しています。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ英語の技術翻訳会社3選

技術翻訳を行うエイブスの特徴

エイブスの翻訳料金

IT・ローカライズ分野に特化した技術翻訳会社であるエイブス。翻訳料金に関しては公式HP上に記載がありませんでした。

原則的にTRADOSといった翻訳支援ツールで翻訳を行っており、生産性と質の均一性をあげるとともにコスト削減を実現しています。IT・ローカライズ分野で翻訳が必要な場合は、電話や公式HPの問合せフォームからの問合せをおすすめします。

エイブスの翻訳納期

納期について、公式HPに具体的な記載がありませんでした。コスト面と合わせて問合せをしてみることをおすすめします。

エイブスの翻訳の品質

エイブスは、IT・ソフトウェア関連を専門に扱う翻訳会社。分野を絞り込むことで、製品やサービスを特定の地域や国の言語に対応させる「ローカライズ」にも力を入れているなど、サービスの質を大きく向上させています。

会社全体としては、IT関連の技術翻訳者や通訳者の人材派遣事業、またそういった人材を育成するスクールの経営を行っています。このような育成ステップによって、より質の高いIT関連の技術翻訳者をスタッフとして迎えているようです。品質の向上のため、システムと人手によって訳漏れや誤訳をチェックし、翻訳の精度を高めています。

安い・早い・品質で比較!
おすすめ英語の技術翻訳会社はこちら

エイブスが対応しているジャンル

一般機械/ロボット/搬送装置/電気回路/モータ/電気機器/プリンター/モジュール/電子部品/情報処理/伝送・受信装置/5G関連基板/部品材料/積層技術/自動運転/自動車部品/バッテリー/バイオ/表面処理剤/ポリマー/カメラ/照射機/ICレコーダ等

エイブスの翻訳実績

記載なし

エイブスの会社概要

会社名 株式会社エイブス
対応言語 英語、中国語
料金目安 英訳・和訳ともに個別見積もり必須
Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
11.7円~
和訳
13.5円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

学術論文
に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ300名以上の翻訳者が対応

COST
英訳
17.6円~
和訳
22円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。