TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 国別に解説!技術翻訳をする際の注意点

国別に解説!技術翻訳をする際の注意点

  

海外進出が盛んなグローバル社会において、各国語で書かれた学術論文や契約書を和訳する技術翻訳のニーズは高まるばかりです。技術翻訳をする際の注意点を国別・言語別にまとめて紹介します。

英語

英語の論文は日常生活で使用されている一般的なイギリス英語やアメリカ英語とは異なります。そのため、技術翻訳で使うのはアカデミック英語とも呼ばれる専門的な言い回しや単語の用い方がされる英語です。英文の論文にはessay(エッセイ)、paper(ペーパー)、monograph(モノグラフ)、thesis(シーシス)などがあります。

英語の技術翻訳で注意すべきは、多くの論文に共通する一般的な構成を理解しておくことであり、アカデミック英語で使われる主な表現を知っておくことです。

英文の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

中国語

中国語には文字表記において簡体字と繁体字の2種類があり、北京語、広東語など数多くの方言があります。技術翻訳に際しては、まずこの違いを把握する必要があります。そのうえで、中国語の論文が結果を重視するものである点に注意が必要です。英文の論文とは異なり、Introduction(序論)やMaterials and methods(実験材料や方法)の扱いは重くありません。

技術翻訳に際しては、この点を念頭において取り掛かる必要があるといえるでしょう。

中国語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

スペイン語

スペイン語と言っても、国や地域ごとに「特有」の文法や語彙があります。 明確にすることです。スペイン語の上記の特徴を把握していないと「せっかくスペイン語を翻訳したのに、 ターゲットに伝わらない」ということが起きてしまいます。

「どこの」「誰に」「何を」伝えたいのかということを明確にしたうえで、それぞれの文法や語彙に 対応をしている技術翻訳会社に依頼しましょう。

スペイン語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

韓国語

韓国語は「ハングル」と呼ばれる独特な文字を使用しており、その他の言語と比較しても大きな特徴や違いがある言語です。文章の構成においても、韓国語ならではの表記の仕方やルールがあるため、技術翻訳を依頼するときはそれらについて正しく認識しておくことが重要です。

また、表記の仕方等について、明確に指示を出さないと意図した内容とズレてしまう可能性もあるため、依頼を出すときはその点についても注意する必要があります。

韓国語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

フランス語

フランス語は日本語とは違った特徴を数多く持つ言語であり、翻訳に関しても非常に気を遣うポイントが多くなっています。中でも技術論文に関しては、専門的な用語、日常会話では見かけないような用語も多数出てくるので、翻訳に関しては困難を極めます。こうした文章に関しては、生半可な知識でどうにかしようとはせず、専門業者に依頼するのも手段の一つでしょう。

ここではフランス語の特徴や、専門業者に依頼を行う際の注意点についてまとめましたので、チェックしてみてください。

フランス語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

アラビア語

世界で5番目に話者人口が多いアラビア語は、近年では翻訳のニーズが非常に高まってきています。ただ、日本ではあまり目にすることのない言語ですし、馴染みがないという人も多いかもしれません。

アラビア語を翻訳する際は、日本語や英語などの言語と大きく違う特徴があることを理解しておくと、その後の対応もスムーズに進んでいきそうです。「アーンミーヤ」「フスハー」といったアラビア語特有の事情を頭に入れておくと、翻訳時のトラブルも事前に回避できるでしょう。

アラビア語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

ヒンディー語

ヒンディー語は、インドの連邦公用語として、13億人と言われるインド人の約4割で使用され、世界での使用人数は3番目に当たる言語とされています。日本では名馴染みのない独特の文字や、動詞の組み合わせで語形が変化するなどが特徴として挙げられます。

ヒンディー語は日本語と違うさまざまな特徴があり、技術翻訳を検討する際には気を付けるべきポイントがいくつかあります。事前に把握しておくことで、文字化けした、想像と違ったなどのトラブルを未然に防げるでしょう。

ヒンディー語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

ポルトガル語

ポルトガル語は日本語と異なる点が多々あって正確な翻訳が難しい言語のひとつです。代名詞が多く略語・言い換えが多い特徴があり、翻訳ではポルトガル語の深い知識は必要不可欠と言えるでしょう。

注意点は、使用している国や地域によって文法や語彙が異なること。ポルトガルで使用されるイベリアポルトガル語、ブラジルで使用されるブラジルポルトガル語、アフリカ地域で使用されているアフリカポルトガル語があり、日本でポルトガル語とされるのはブラジルポルトガル語を示すことが多いです。

ポルトガル語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

ドイツ語

言語学的には西ゲルマン語群という英語と同じグループに属すドイツ語ですが、緻密で論理的な構造を持ち、語形変化も複雑で難解な言語のひとつと言われています。そのため企業間の契約や学会で用いる論文などは、専門業者に依頼するほうがベター。

ドイツの産業・工業技術は日本人に高く評価されています。企業との取引については将来的トラブルにつながらないよう、技術用語や法律に強く経験豊富なドイツ語翻訳者が在籍する会社を選んでください。

ドイツ語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

ロシア語

日本ではあまりなじみがないロシア語ですが、ヨーロッパの中では最も母国語者が多いと言われている言語です。国際連合では英語・フランス語・中国語・スペイン語・アラビア語と並ぶ6つの公用語のひとつとなっています。

ロシア語は状況説明のために多くの単語を使用するので文字数が多くなってしまう特徴があり、日本語原稿「A4用紙・1枚」を翻訳すると同じように「A4用紙・1枚」には収まりません。また各国や地域によって微妙な言い回しの違いや癖があります。ロシア語技術翻訳を依頼する際は、ロシア語文法に精通した会社を選ぶようにしましょう。

ロシア語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

イタリア語

イタリア語を日常的に使用している人口は6,000万人ほどで、決して多くはありません。しかし自動車産業や化学、エネルギー産業などが盛んで日本企業の進出も多いことから、日本でのイタリア翻訳はニーズがあります。

イタリア語は名詞や形容詞に性数の変化があり、動詞の活用が多いです。また、動詞の活用で主語が分かれば主語が省略されます。金融・法務関連での技術翻訳ではイタリア語の知識はもちろん、専門知識がある翻訳者に依頼するようにしましょう。

イタリア語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

ベトナム語

ベトナム語は、さまざまな点で日本語文法と異なるため、技術翻訳をするのはかなり難易度が高い言語だといえます。たとえばベトナム語は主語に関する表現が非常に多いため、常に主語が何であるのかをしっかりと把握しながら翻訳をしていかないと、精度の低い翻訳になってしまう可能性があります。

その一方、時制に関してはかなりルールがゆるいので、文脈を正確につかみつつ、誤訳をさけるために時を表す単語を含めてながら翻訳していくのが確実です。

ベトナム語の技術翻訳をする際の
注意点を詳しく見る

Three selection
専門性・信頼性が高い
英語の技術翻訳会社3選

ここでは、専門性が高い技術翻訳を依頼できる信頼性の高い会社として、下記4つの条件(比較表下に記載)に合致した3社を紹介。それぞれの強みや得意分野・専門分野についても解説していますので、是非チェックしてみてください。
※2021年6月調査時点

実務経験豊富な翻訳者が在籍
マニュアル・説明書・
仕様書に強い
ケースクエア
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

COST
英訳
8円~
和訳
8円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

高精度の翻訳手法
医療・医薬・治験
に強い
クリムゾンインタラクティブ・ジャパン
QUOLITY

翻訳サービスの国際規格である「ISO 17100:2015」を取得

COST
英訳
8.5円~
和訳
9.4円~
SPEED
最短翌日
※1000文字まで。クオリティ翻訳(スタンダード)の場合は4日後納品

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

学位所有の翻訳者多数
学術論文に強い
翻訳ACN
QUOLITY

博士号、学位を持つ多数の翻訳者が対応

COST
英訳
16円~
和訳
20円~
SPEED
3~4営業日
※800文字程度、英訳の場合

公式HPから
無料トライアル

電話で問い合わせる

  • 有資格者および実務経験者が翻訳対応&翻訳者のプロフィールを公開している
    翻訳力以上に専門性・知識が重要となるため、技術系なら実務経験者や有資格者を、学術・論文系であれば博士号や研究者が翻訳対応をしてくれる会社がおすすめです。
  • 取引実績の開示をしている
    取引実績は、実際にどういった分野に実績があるのかを知る指標(専門分野)であると同時に、掲載するには取引先への許可が必要なため、例えば納品物に満足していない場合は掲載許可は得られない=品質面の基準といえます。
  • トライアルを行なっている
    実際の依頼前にトライアルで品質をチェックできることは安心感にもつながります。また敢えてトライアルを行なっていることで品質面への自信がある証拠でもあるといえるでしょう。
  • 機密保持契約の締結を行なっている
    技術翻訳は機密性の高い情報を取扱うケースがほとんどのため、機密保持契約の締結は必須条件です。