TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 必読!技術翻訳会社の正しい選び方 » 技術翻訳会社を選ぶならまずはトライアルを

技術翻訳会社を選ぶならまずはトライアルを

技術翻訳を依頼する際には各社で設定している「トライアル」翻訳を試してみるのがおすすめです。翻訳の品質チェックにもなります。各社がどんな条件で行っているのかを見ていきましょう。

技術翻訳のトライアルを設けている会社一覧

1.株式会社ケースクエア

依頼原稿量が日本語原稿で400字詰め原稿用紙10枚以上、英語原稿で4000words以上限定で、無料お見積りページから「初回無料翻訳トライアル」が依頼可能

2.技術翻訳株式会社

最終的な正式原稿が以下の条件を満たす場合「無料トライアル」が可能です。

3.株式会社グローヴァ

公式HP内の「翻訳トライアル」申し込みフォームを使って無料のトライアルが可能。

ただし利用できるのは法人のみ

4.ジェー・ジョンソン株式会社

無料トライアルについての詳しい条件などは明記されていませんが、公式HPの「無料トライアルお問い合わせページ」より問い合わせ・申し込みが可能です。問い合わせに対しては30分以内でリターンをするとのこと。

5.株式会社アイコス

法人利用限定で、日本語400文字程度、英語200ワード程度で無料トライアル可能です。公式HPの問合せフォームから問い合わせができるようになっています。

※上記よりも多い数量、または他言語のトライアルをご希望の場合は要相談。

6.株式会社ジェスコーポレーション

HP内の見積り依頼フォームから申し込み可能です。条件は日本語400文字程度(A4用紙半分)または欧文200ワード程度。

※上記よりも多い数量、または他言語のトライアルを希望の場合は要相談。

7.ブレインウッズ株式会社

無料トライアルの条件は以下のようになっています。

英→日:原文英語200ワード程度まで、日→英:原文日本語300文字程度まで。

試したい方は一度フォーム、電話、メール等から問い合わせが必要です。

8.SCREENクリエイティブコミュニケーションズ(旧テックコミュニケーションズ)

無料トライアルの条件は1社1回限り、翻訳元言語で250ワード(1バイト文字)または500文字(2バイト文字)まで。英語だけでなく幅広い言語に対応しています。

トライアルは必要?会社選びのコツは?

数ある翻訳会社の中から品質にもコストにもスピードにも優れた1社を選び出すのはなかなか難しいかもしれません。無料トライアルを試すことでその会社がどんな品質の翻訳をしてくれるのか見極めるためにもトライアルは大切です。ぜひ活用を!

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

Three selection
安・早・質の3つが揃う
英語の技術翻訳会社3選

費用の安さ・納品の早さ・品質の3つの特徴が揃った、英語の翻訳に対応する技術翻訳会社を比較しました。(※英訳/和訳の料金は1文字/1単語あたりの料金になります)

官公庁や大手企業との
取引あり
ケースクエア
COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

品質重視を掲げる
老舗企業
技術翻訳株式会社
COST
英訳
12.5円~
和訳
26円~
SPEED
3~4営業日
※和訳4,000文字まで、英訳2,000ワードまでの場合
QUOLITY

日本に在籍する経験豊富なスタッフが翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

依頼~納品まで
WEB上で完結
スピード翻訳
COST
英訳
10.5円~
和訳
21円~
※ビジネス文書の場合
SPEED
1営業日
※2,160文字~2,880文字の場合
QUOLITY

会社独自のトライアルテストによって翻訳者を選抜

公式HPで
プランを確認