英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
技術翻訳会社の正しい選び方
専門性・実績・料金で比較した翻訳会社BEST5

Webサイト・ホームページ

戦略的な技術翻訳を求められるWebサイト・ホームページの翻訳について考察します。

Webサイト(ホームページ)翻訳の必要性

ますますグローバル化が進む昨今、Webサイトを外国向けに翻訳していくことは、海外進出する企業にとっても団体にとっても必須のことだと思います。
同時に、日本へ訪れる外国人も増えてきていることから、さまざまな企業や団体のホームページにも外国人閲覧者の数は増えてきていることでしょう。

Webサイト(ホームページ)は、いわば企業や団体の顔です。ホームページが、良くも悪くも世界中に企業のイメージや価値を伝える役割を担っているのです。
そのため、Webサイトを各国の言語に対応させる「ローカライズ」の必要があります。しかし、単に日本語を英語に変える、といったものでは通用しません。その国ごとの文化や風習、国民性に合わせたコピーやデザイン、また分野によっては標準的に使用されている専門用語などといった地域化(ローカライズ)が不可欠なのです。

海外向けのウェブサイトの導入が増えている

外国人も見ることが多い企業や団体、自治体などのホームページでは、日本語版のホームページだけでなく英語版のサイトを作成する動きが高まってきています。

とくに外国人観光客の受け入れが増加している自治体では観光スポットやおすすめのエリアなどが紹介されたホームページも英語版を中心に多言語化に対応しているところが増加。公共のサイトだけでなく、外国人留学生を受け入れる教育機関もさらに受け入れを強化するために外国版のWebサイトを導入しています。

企業のWebサイトも、製品について調べたり、どんなサービスがあるのかを調べたりと情報を得るのに必要不可欠なツールといえるでしょう。製品への興味だけでなく、企業が掲げているモットー、業務内容、サービスなどにも注目している外国人も少なくありません。製品情報だけに力を入れるのではなく、Webサイト全体に力を入れることが必要でしょう。

さまざまな分野で海外から日本が注目されている今、Webサイトの翻訳は需要が高まっているものといえます。

検索サイトの自動翻訳では内容が伝わりにくい

Webサイトの多言語化が進んでいるとはいっても企業側・団体側で翻訳をするもののなかには外国人になかなか伝わりづらい表現になっているサイトも少なくありません。

翻訳ツールとして使用しているのがGoogle翻訳をはじめとするネットの翻訳ツールを使った場合、つぎはぎだらけの文章になっている可能性があるのです。

事実、外国人向けのWebサイトを運営している企業・団体のなかには、その土地の言語がわかる人からするとあり得ないほどのクオリティになっている場合もあるとのこと。

単語一つひとつで翻訳した場合は的確な答えを提供してくれるとしても、文章として翻訳した際にまったく意図しない内容になっていることもあります。

世界各国から閲覧される可能性が高い企業、団体、自治体こそGoogle翻訳をはじめとするツールによる独自の翻訳を行うのではなく、英語の文章すべてを理解したうえで翻訳してくれるツール、または会社を利用する必要があるでしょう。

ウェブサイトの翻訳は専門業者に依頼を

さまざまな国からのアクセスが予想される場合、海外向けのWebサイトを作成する必要があります。その際に気をつけなければならないのが、外国人にも伝わる内容の文章に翻訳することです。

Web上で提供されている翻訳ツールを使って文章を作成することも可能ですが、より内容を理解してもらいたい、誤った情報を提供しないようにするためであれば、翻訳会社への依頼も一つの手と考えてみましょう。

Webサイト(ホームページ)翻訳会社の選び方

Webサイトの翻訳には、対象とする国の文化や国民性に合わせた戦略も同時に必要となります。
そのうえで、翻訳会社選びの際に重要視しなければならないポイントとして、外国に在住する翻訳スタッフの有無業界・分野の専門性などがあげられます。

◆外国在住スタッフの有無
:日本語でも、標準的に使われている言葉遣いや言い回しが少しずつ変わっていくように、世界各国もまた変化をしていきます。
外国在住スタッフは、そんな「生きた言葉」に日々ふれています。その国で人気の商品やサービス、また人の心に刺さるコピーなどに接することで、正確かつ魅力的な翻訳が可能となるのです。
その国、その言語のスペシャリストを揃えている翻訳会社に依頼することで、戦略的にWebサイトを運用していくことができます。

◆業界・分野の専門性
:分野によっては標準的に使われている専門用語や特有の言い回しなどがあります。とりわけ、会社案内や業務内容、製品・サービス紹介ページなどのように、専門性の高い言葉が出てくるページほど外向けにアピールのできる重要なページとなるのです。
しかし、分野・業界の専門性が低い業者に依頼してしまうことで、社内での校正作業に余計な時間をとられたり、最悪の場合、ホームページを通して自らブランド価値を下げてしまう恐れもあります。これらを未然に防ぐために、翻訳会社ごとのこれまでの対応分野実績を通して専門性の高さを見るのもひとつの手かもしれません。

 
▲ページの先頭へ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ