英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
技術翻訳会社の正しい選び方
専門性・実績・料金で比較した翻訳会社BEST5

Webサイト・ホームページ

戦略的な技術翻訳を求められるWebサイト・ホームページの翻訳について考察します。

Webサイト(ホームページ)翻訳の必要性

ますますグローバル化が進む昨今、Webサイトを外国向けに翻訳していくことは、海外進出する企業にとっても団体にとっても必須のことだと思います。
同時に、日本へ訪れる外国人も増えてきていることから、さまざまな企業や団体のホームページにも外国人閲覧者の数は増えてきていることでしょう。

Webサイト(ホームページ)は、いわば企業や団体の顔です。ホームページが、良くも悪くも世界中に企業のイメージや価値を伝える役割を担っているのです。
そのため、Webサイトを各国の言語に対応させる「ローカライズ」の必要があります。しかし、単に日本語を英語に変える、といったものでは通用しません。その国ごとの文化や風習、国民性に合わせたコピーやデザイン、また分野によっては標準的に使用されている専門用語などといった地域化(ローカライズ)が不可欠なのです。

Webサイト(ホームページ)翻訳会社の選び方

Webサイトの翻訳には、対象とする国の文化や国民性に合わせた戦略も同時に必要となります。
そのうえで、翻訳会社選びの際に重要視しなければならないポイントとして、外国に在住する翻訳スタッフの有無業界・分野の専門性などがあげられます。

◆外国在住スタッフの有無
:日本語でも、標準的に使われている言葉遣いや言い回しが少しずつ変わっていくように、世界各国もまた変化をしていきます。
外国在住スタッフは、そんな「生きた言葉」に日々ふれています。その国で人気の商品やサービス、また人の心に刺さるコピーなどに接することで、正確かつ魅力的な翻訳が可能となるのです。
その国、その言語のスペシャリストを揃えている翻訳会社に依頼することで、戦略的にWebサイトを運用していくことができます。

◆業界・分野の専門性
:分野によっては標準的に使われている専門用語や特有の言い回しなどがあります。とりわけ、会社案内や業務内容、製品・サービス紹介ページなどのように、専門性の高い言葉が出てくるページほど外向けにアピールのできる重要なページとなるのです。
しかし、分野・業界の専門性が低い業者に依頼してしまうことで、社内での校正作業に余計な時間をとられたり、最悪の場合、ホームページを通して自らブランド価値を下げてしまう恐れもあります。これらを未然に防ぐために、翻訳会社ごとのこれまでの対応分野実績を通して専門性の高さを見るのもひとつの手かもしれません。

 
▲ページの先頭へ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ