TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 医療文書の翻訳

医療文書の翻訳

医療文書とは医学論文、医学書だけじゃなく、学会発表用資料、原稿、ジャーナル投稿記事、そして医療カルテなど多種あります。正確に訳すにはそれなりの専門的知識を持った人でなければできません。

医療文書の翻訳(和訳・英訳)に対応する技術翻訳会社と、依頼する会社を選ぶ際のポイントについて解説しています。医療文書に限らず、安さ・早さ・品質に注目して技術翻訳会社を探したい方は、以下から当サイトおすすめ技術翻訳会社をご確認ください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

医療翻訳会社の選び方

1.取引実績が多い

取引実績を指標とするのがいい翻訳会社を選ぶ近道です。どの業界にも言えることですが、高品質なサービスを提供している会社であれば依頼の数、つまり取引実績はおのずと多くなるものです。取引実績が多い会社ならば口コミ等も多く存在します。自社のホームページでは取引実績の紹介をしているはずです。取引実績が多ければ医療関係者からの信頼も受けている証拠となります。

2.チェック体制の確認

誤訳は患者の命を危険のさらす可能性もありますので絶対に避けなければなりません。そのために翻訳会社では複数回のチェックをする体制を整えているところがほとんどです。ただし、中にはチェック体制がない翻訳会社もありますので、そのような会社は避けるべきでしょう。

また料金プランによってチェックが少ないプランもあると思いますが、これも避けたいところ。最低でもダブルチェックは必須です。1人で翻訳からチェックまでというのは料金こそ安くなるとは思いますがお勧めできません。予算もあるとは思いますが、欲をいえば、専門家、そしてネイティブのチェックを受けられるような翻訳会社が安心です。

医療文書の翻訳に対応している会社

スピード翻訳(旧:GMOスピード翻訳)

通常時間がかかる依頼者と翻訳者のコーディネートを合理化したシステムで対応。それにより、スピードと安さの両方を実現。依頼者はサイトで24時間365日見積もりをすぐに確認することができ、発注も可能。案件は、リアルタイムで国内外の登録翻訳者に通知され、対応可能な翻訳者がすぐに決定し、翻訳作業から納入までを一括で行います。最短30分の納入も可能になっています。翻訳料金は、英訳1字10.5円/和訳1語21円(※ビジネス文書の場合)とリーズナブルな価格。翻訳者は、合格率20%程度の厳しい審査をクリアしており、さらに毎月ランダムな品質チェックを行うことによって高品質を保持。

スピード翻訳(旧:GMOスピード翻訳)の口コミ

吹きだしのアイコン

料金プランが明確なのがよいですね。それに対応が親切で安心感があります。他の会社は利用したことはないのですが、いつも助かっています。

吹きだしのアイコン

早急に原稿を納品していただいたのですが、品質の高さにおどろきました。校正の場合などに活用させてもらっています。

クリムゾンインタラクティブジャパン

ビジネス文書の英語翻訳に強みを持つクリムゾンインタラクティブの日本法人。社内に150名のネイティブチェッカーが常駐しています。翻訳者は世界中に2,000名以上いる世界の一流大学で修士号・博士号を取得した各分野の専門家。対応言語は50カ国以上。8つの専門分野(医療・医薬、技術、広報、IT、金融、法律、特許、証明書)に対応しています。ネイティブチェックのある翻訳料金は、英訳で1文字17.9円~と若干高めです。(2020年4月調査)

クリムゾンインタラクティブジャパンの口コミ

吹きだしのアイコン

かなり大規模で広い分野の翻訳を依頼しましたが、翻訳担当が各分野に精通していたので翻訳が適切でした。翻訳担当の方以外にもいろんな方に関わっていただき、クリムゾンインタラクティブジャパンのお陰で納得のいく本を完成させられました。

吹きだしのアイコン

英訳から紙面の構成までサポートしてもらえました。品質、納期共に満足しております。

翻訳センター

東京証券取引所JASDAQスタンダードに上場。日本国内における業績に加え、「世界の言語サービス会社ランキング トップ100」の2018年アジア太平洋部門で売上高3位にランキング(※Common Sense Advisory 発表「The Top LSPs in Asia-Pacific(2019)」)。医薬、特許、工業・ローカライゼーション、金融・法務の4つの専門分野に強みをもち、1,000名を超える高い専門知識をもつ翻訳者が在籍。対応言語は世界80言語。取引企業は、自動車、機械、電機、医薬品などのメーカー、特許事務所、官公庁や大学・研究機関など4700社。年間取扱件数は56,000件。(2020年4月調査)

翻訳センターの口コミ

吹きだしのアイコン

海外本社が扱っているXMLデータを使って翻訳に対応できる会社を探していました。既に取引のあった翻訳センターに聞くと、エンジニアが在籍しているので対応できると返事が。豊富な人材がいる会社は強いですね。納品後の修正対応もしっかりしていて、安心できます。

吹きだしのアイコン

建築業の中でも特殊な分野の会社ですが、担当者様は企業を理解するため、頻繁に訪問してきて我が社のことを知る努力を惜しみませんでした。こちらが伝えたこともきちんとフィードバックされた翻訳が仕上がってきて、日本人の翻訳者が仕上げたとは思えないほど英語の質が高いです。

技術翻訳に対応するおすすめ3社を紹介

人命を預かる医学分野は、技術翻訳の中でもより高度な専門知識を要求されます。また、医学関連の技術翻訳には、さまざまな分野と医療文書があります。医学用語も多く使われているので、熟知した専門家でないと正確な翻訳をすることができません。いろいろな技術翻訳会社がありますが、高品質を望むのであれば医療分野を専門とする技術翻訳会社を選びましょう

当サイトでは、医療文書の技術翻訳を得意とする会社の他に、コスト・クオリティ・スピードの3つの特徴が優れている技術翻訳会社についても調査しました。対応している翻訳ジャンルや実績についても紹介しているので、会社選びの参考にしてください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

医療翻訳とは

医療翻訳で扱われる文書は多種あります。誤訳をすれば患者の生命を脅かすような事態を招いてしまう可能性も。そういった意味で、他の分野の翻訳に比べて責任が大きいのが医療翻訳です。そして医療翻訳には専門知識が間違いなく必要となってきます。英語が得意というレベルとは次元が違ってくる話なのです。

医療翻訳に必要なこと

医療翻訳と言ってもいろいろな医療分野があります。そしてその医療分野それぞれが専門性をもって研究がなされており、その医療分野に深い理解がないと翻訳をすることは難しいと言えます。したがって各医療分野に精通した翻訳者を選んで翻訳をお願いすることが必要です。正確な翻訳はもちろんのこと、医療文書には準拠すべきガイドラインやルールがあります。

例えば学術論文ならば、注釈、参考文献・資料の記載の仕方など規定されている文書の作成の仕方があります。また、治験関連の文書は、複数のガイドラインや資料に準拠しなければなりません。標準化された文書でなければ世界で情報を共有することが難しいからです。

Three selection
安・早・質の3つが揃う
英語の技術翻訳会社3選

費用の安さ・納品の早さ・品質の3つの特徴が揃った、英語の翻訳に対応する技術翻訳会社を比較しました。(※英訳/和訳の料金は1文字/1単語あたりの料金になります)

官公庁や大手企業との
取引あり
ケースクエア
COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

品質重視を掲げる
老舗企業
技術翻訳株式会社
COST
英訳
12.5円~
和訳
26円~
SPEED
3~4営業日
※和訳4,000文字まで、英訳2,000ワードまでの場合
QUOLITY

日本に在籍する経験豊富なスタッフが翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

依頼~納品まで
WEB上で完結
スピード翻訳
COST
英訳
10.5円~
和訳
21円~
※ビジネス文書の場合
SPEED
1営業日
※2,160文字~2,880文字の場合
QUOLITY

会社独自のトライアルテストによって翻訳者を選抜

公式HPで
プランを確認