英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
技術翻訳会社の正しい選び方
専門性・実績・料金で比較した翻訳会社BEST5

取扱説明書・マニュアル

技術翻訳としての取扱説明書・マニュアルの翻訳という観点から、和訳・英訳する際のポイントを検証しました。

技術翻訳としての取扱説明書・マニュアルについて

技術翻訳としての取扱説明書・マニュアルについて取扱説明書やマニュアルといったものは、一般の人にも比較的馴染みのある存在と言えるでしょう。

その筆頭と言えるのが、各種の家電製品やIT機器などの操作手順を知るためのもの。ただし、一口に取扱説明書・マニュアルと言っても、テキストの量や記載内容の濃さ・深さは実に様々です。

例えば、家電製品の中でも従来からあるタイプの扇風機と、最新機能が満載されたHDDレコーダーでは、どちらが情報量多く内容も複雑化しているかは誰でも分かることでしょう。

技術翻訳の対象となる取扱説明書やマニュアル

技術翻訳の対象とされる取扱説明書やマニュアルは、家庭用HDDレコーダーなどとは次元の違う深遠さで構成されています。

各種のソフトウエアや産業用の工作機器、大規模施設の制御システムオペレーションシステム等々。これらの取り扱いや運用方法を説明する文書は、言うまでもなく深く濃い内容となっています。

それこそ、ありふれた翻訳ソフトで英訳・和訳した場合、正確性などは望むべくもありません。そもそも技術翻訳の対象となる性質の取扱説明書やマニュアルは、業務を円滑かつ効率的に行なうことを目的に作成されるものです。

そのような重要な役割を担う文書が、不正確に翻訳されたまま流布されたら業務の効率化どころか非効率化を促進。さらには業務に携わる人々の安全さえ脅かしてしまいます。それでは本末転倒も甚だしいでしょう。

取扱説明書・マニュアルの技術翻訳を依頼できる会社5選≫

翻訳会社の選び方

では、技術翻訳の対象とされる取扱説明書やマニュアルは、どのような翻訳業者に依頼すべきなのでしょうか。

ずばり言ってしまえば工学的知識や技術翻訳の経験が豊富な翻訳者ということになります。本サイトで繰り返し述べていますとおり、技術翻訳はその分野に関する知識や専門用語への理解が高いレベルで求められます。

それこそ出版や音楽といった分野の翻訳とは、求められる資質やノウハウがまるで違います。技術翻訳として取扱説明書やマニュアルの和訳・英訳を依頼する場合は、工学的な知識や経験やバックグラウンドを持った翻訳会社に依頼する。これが鉄則です。

業者選びの際は、技術文書に適した翻訳者が在籍しているかどうか、必ずチェックしてください。

 
▲ページの先頭へ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ