英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
技術翻訳会社の正しい選び方
専門性・実績・料金で比較した翻訳会社BEST5

法律の翻訳

企業の海外進出に限らず、最近では日本でビジネスを行う海外企業の増加に伴い、企業間で国際的な取引が盛んになっています。
そこで、法律関連の技術翻訳を依頼する際に注目すべきポイントをまとめました。

法律関連文書

法律関連文書にはさまざまな種類が存在し、裁判所やその他公的機関に提出する書類、契約書類といった法律文書もあれば、プレスリリースや電子メール、各種通知のような法律文書以外のものもあります。

法律関連文書の技術翻訳に必要なこと

法律関連文書の翻訳は誤りがあってはいけないような文書を扱うことが多いために、法律や外国語に関する知識だけでなく、丁寧で正確な翻訳を行う能力、細部までをチェックする能力など正確で適正な文章を作り上げるのに大切な要素も必要となってきます。

また、電子メールや関係各所に送付するレターの作成も行う場合には、ネイティブに通用する自然な表現や文章構成を行う必要もあるでしょう。ほかにも、弁護士などの関係各者と円滑な関係を築くことのできるコミュニケーション能力もあったほうが好ましく、法律関連文章の翻訳者には幅広い能力が求められることとなります。

法律関連文書の技術翻訳会社の選び方

法律関連文書の翻訳にはさまざまな要素が求められるからこそ、誰に翻訳をしてもらうかは非常に重要です。

そこで、法律関連文書の翻訳を技術翻訳会社に依頼する際、会社選びでポイントとなる部分を解説していきます。

1.取引実績が豊富
ひとくちに「法律関連文書」といっても多様な文書が存在することから、技術翻訳会社を選ぶ際にはその会社の取引実績をチェックすることが大切です。会社によって、法律関連文書のなかでもとりわけ契約書類を得意としているところや、基本的な法律文書の翻訳を扱えるだけでなく法律文書以外のものも得意としているところなど、特徴や得意分野はそれぞれ異なります。どんな法律関連文書の翻訳を行う必要があるかに合わせて、実績の多い会社に依頼することが技術翻訳会社選びで失敗しないためのコツです。

2.翻訳者担当制である
…技術翻訳会社は、ひとりの翻訳者が一貫して担当してくれるところもあれば、複数の翻訳者が担当となる場合もあります。技術力の高い翻訳者のみが在籍する会社であったとしても、複数の翻訳者が作った文章を見比べるとニュアンスなどに微妙な違いが現れることも。小さなズレでも後々大きなトラブルにつながることがありますので、なるべくひとりの翻訳者が一貫して担当してくれる会社を選ぶようにしてくださいね。

 
▲ページの先頭へ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ