TRANSLATE
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ » 技術書の種類から翻訳会社を探す » 書籍の技術翻訳

書籍の技術翻訳

書籍の技術翻訳は、単なる翻訳のスキルだけではなく、日本語の表現力も大切。書籍の翻訳(和訳・英訳)に対応する技術翻訳会社と、依頼する会社を選ぶ際のポイントについて解説します。仕様書に限らず、安さ・早さ・品質に注目して技術翻訳会社を探したい方は、以下から当サイトおすすめ技術翻訳会社をご確認ください。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

書籍の技術翻訳に対応している会社

グローヴァ

翻訳・通訳・企業語学研修を行う会社。取引先は官公庁・大手企業などがあり、取引実績は8,000社を超える豊富な実績。対応言語は、英語・中国語など世界30言語で、同時に複数言語への翻訳もできます。IT・情報通信・工業技術・医薬・特許などのさまざまな分野に対応。顧客のニーズに合わせて、スタンダード・特別品質・エコノミー・激安の4つのプランを提供。激安プランでは、英語1単語6円~、日本語1文字3円~で対応。初回利用では2割引きキャンペーンもあり。(2020年4月調査)

グローヴァの口コミ

同社に技術翻訳を依頼した方による口コミや評判は、見当たりませんでした。

ブレインウッズ

翻訳事業・通訳事業・映像翻訳事業・外国語教育事業など、幅広い言語サービスを展開する企業。医療・IT・金融・製造などの分野に対応し、多数の実績があります。対応言語は、英語・中国語・韓国語・欧州言語など。顧客ニーズにあわせて、ハイクオリティ仕上げ・スタンダード仕上げ・ドラフト仕上げの3つのサービスと料金を設定。原則、ネイティブチェックと校正・校閲の2段階チェックによって高品質を維持。無料トライアルと初回利用割引あり。

ブレインウッズの口コミ

吹きだしのアイコン

言葉の直訳ではない、質の高い翻訳です。前後の文脈やつながり、物事の背景もきちんと把握して翻訳しているのがよくわかります。また、納期も遅れることがなくいつも助かっています。安心してお願いできるのでありがたいです。

※引用元:ホンヤク出版社評判(http://eafugool.duckdns.org/page_7.php)

吹きだしのアイコン

翻訳が日本語として不自然ではないので、スッと読むことができます。原稿納品時にいくつか翻訳候補を挙げてくださる点も親切。貴社に翻訳をお願いしてから、仕事のスピードが速くなり、ストレスが軽減しています

翻訳センター

東京証券取引所JASDAQスタンダードに上場。日本では他を寄せ付けない業績なうえ、「世界の言語サービス企業ランキングトップ100」の2019年総ランキングで売上高19位(※Common Sense Advisory 発表「The Top 100 Language Service Providers: 2019」)。1,000名を超える専門性の高い翻訳者が在籍し、対応言語は世界80言語。専門分野は、医薬、特許、工業・ローカライゼーション、金融・法務の4つ。自動車、機械、電機、医薬品などのメーカー、特許事務所、官公庁や大学・研究機関など、4,700社と取引実績があり、年間の取扱件数は56,000件

翻訳センターの口コミ

吹きだしのアイコン

海外本社が扱っているXMLデータを使って翻訳に対応できる会社を探していました。既に取引のあった翻訳センターに聞くと、エンジニアが在籍しているので対応できると返事が。豊富な人材がいる会社は強いですね。納品後の修正対応もしっかりしていて安心できます。

吹きだしのアイコン

建築業の中でも特殊な分野の会社ですが、担当者様は企業を理解するため、頻繁に訪問してきて我が社のことを知る努力を惜しみませんでした。こちらが伝えたこともきちんとフィードバックされた翻訳が仕上がってきて、日本人の翻訳者が仕上げたとは思えないほど英語の質が高いです。

技術翻訳に対応するおすすめ3社を紹介

書籍の技術翻訳で満足のいく翻訳を望むのであれば、書籍の翻訳を専門分野とする翻訳会社に依頼することが重要。あわせて、コスト・スピード・クオリティの面からも、満足できる英語の技術翻訳会社を選ぶようにしましょう。

安い・早い・高品質が揃った
おすすめ技術翻訳会社3選

書籍の翻訳「出版翻訳」とは

出版翻訳とは、外国語で書かれた海外の書籍や雑誌を日本語に翻訳することをいいます。翻訳対象となるジャンルは、ミステリーやSFといった小説から、ビジネス書や実用書、自己啓発本、ファッションや趣味、絵本など、バラエティーに富んでいます。翻訳期間は分量や内容によって変わってきますが、約3~4ヶ月かかるものが多いです。

出版翻訳の技術翻訳で必要なスキルは、原文を一語一句そのまま訳すだけでなく、全体の意味を汲み取って訳す意訳のスキルです。小説や絵本などは、原文を直訳すると、ストーリーに面白みがなくなってしまうことがあります。読んだとき、読者が頭の中にイメージできるような翻訳技術が求められるのです。

翻訳する書籍のジャンルで多いもの

日本でも、ランキング上位に挙がってくるような、ビジネス書、自己啓発本、ノンフィクションといったジャンルが多いようです。ハーバードやスタンフォードなどの一流大学の教授や、グーグルやコンサルティング会社のマッキンゼーといった世界でも有数の企業出身者が著者の書籍は、比較的人気があるといえます。

売れている翻訳書は、日本でも注目されているテーマ(健康・ビジネス・資産形成など)をそのまま表しているので、書店の1番いい場所に平積みされている書籍を見ると参考になるでしょう。フィクションだと、海外でも大人気の「ハリーポッター」や「ダ・ヴィンチコード」などのシリーズが、日本でも人気になる傾向のようです。

Three selection
安・早・質の3つが揃う
英語の技術翻訳会社3選

費用の安さ・納品の早さ・品質の3つの特徴が揃った、英語の翻訳に対応する技術翻訳会社を比較しました。(※英訳/和訳の料金は1文字/1単語あたりの料金になります)

官公庁や大手企業との
取引あり
ケースクエア
COST
英訳
10円~
和訳
10円~
SPEED
1営業日
※2,000~2,400文字の場合
※納期タイミングは含まない
QUOLITY

実務経験豊富な技術者、研究者、博士号、修士号取得者が翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

品質重視を掲げる
老舗企業
技術翻訳株式会社
COST
英訳
12.5円~
和訳
26円~
SPEED
3~4営業日
※和訳4,000文字まで、英訳2,000ワードまでの場合
QUOLITY

日本に在籍する経験豊富なスタッフが翻訳

公式HPで
プランを確認

電話で問い合わせる

依頼~納品まで
WEB上で完結
スピード翻訳
COST
英訳
10.5円~
和訳
21円~
※ビジネス文書の場合
SPEED
1営業日
※2,160文字~2,880文字の場合
QUOLITY

会社独自のトライアルテストによって翻訳者を選抜

公式HPで
プランを確認