英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ
技術翻訳会社の正しい選び方
専門性・実績・料金で比較した翻訳会社BEST5

翻訳が依頼できる技術書一覧

翻訳を依頼できる技術書の種類とそれぞれの特徴、翻訳を依頼する際に留意すべきポイントなどを取りまとめて紹介していきたいと思います。

翻訳依頼をすることの多い技術書の種類

改めて言うまでもないことですが、グローバル化が加速してやまない昨今、英語での技術書作成を求められる事態がある日突然やって来ても全く不思議ではありません。これまで外国や外資系企業とのビジネスがなかった企業でも例外はありません。

有名な例としては、日産自動車のケースが挙げられます。今やカリスマ的経営者とも言えるカルロス・ゴーンCEOが着任したことにより、社内の公用語が英語になったというエピソードです。

翻訳依頼をすることの多い技術書の種類実際に翻訳依頼頻度の高い技術書には、どのようなものがあるでしょうか。本サイトでは以下の3種類であると考察しました。

  • 仕様書
  • 取扱説明書/マニュアル
  • 技術論文

これらの技術書は、翻訳を依頼する頻度が高いというだけではなく、より正確な翻訳が求められる性質のものです。

仮に不完全な翻訳が流布され誤読されてしまった場合、深刻な事態や大きな損失が発生してしまうという類の文書です。

そのためにも、翻訳会社および翻訳者選びには細心の注意が必要になります。それぞれの該当ページにて、より詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

仕様書

技術翻訳の一分野である、仕様書にスポットを当てて解説しています。仕様書とはデータシートのようなものであり、商品の製造者が消費者に提供する参考資料であるといえます。仕様書の翻訳の際に求められるものやポイントについても詳しく解説。仕様書を翻訳できる会社を選ぶ際のポイントについても紹介しています。

取扱説明書・マニュアル

一般の方にもなじみが深い取り扱い説明書。中には英語で書かれた取扱説明書もあります。出てくる単語も一見調べただけでは解釈が難しいものもあることでしょう。このページでは、取扱説明書やマニュアルについて解説しています。技術翻訳の対象となる取扱説明書やマニュアルを知ることができるだけでなく、翻訳会社の選び方についても説明してくれています。翻訳会社を選ぶ際に必要なポイントを紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

技術論文

技術翻訳の中でも、高度な完成度が要求される技術論文について解説しているページです。技術論文は医療だけでなく研究機関が発表する論文なども含まれます。これらの文献は翻訳難易度が高いだけでなく、歴史を変え得る重要な文献ばかりです。信頼できる会社に依頼する必要があるため、高いレベルの技術と実績を持った会社を選ばなければなりません。こちらでは技術翻訳を依頼できる会社の選び方も紹介しています。

Webサイト・ホームページ

このページでは、Webサイトやホームページの翻訳について解説しています。日本国内だけにとどまらずグローバルに動いていくためには世界各国のWebサイトがどのような情報を発信しているかを知る必要があります。その反対もあり、日本の企業を海外向けに発信するための行動も企業にとって必要です。Webサイトやホームページの翻訳には戦略的な技術が求められますが、その必要性まで言及し、翻訳会社の選び方を紹介しています。グローバルなWebサイトを作るうえで信頼できる会社選びのヒントとなるポイントを見てみましょう。

IR・プレスリリース・会社案内

会社案内の役割や、IR情報、プレレリリースについて、翻訳を依頼する会社選びのポイントを交えて解説しています。決算単信、有価証券報告書など、株主や投資家に開示するための情報も、翻訳があることで海外の方と意見が交わせるようになります。IR情報やプレスリリースなどの翻訳には、法的な知識を持った翻訳家が必要不可欠です。こちらでは法的な知識に強い翻訳会社を選ぶコツを紹介しています。対応力や業界ごとの専門性など、会社を選ぶうえでのヒントを見つけてください。

環境・エネルギー関連文書

世界で話題となっている、環境・エネルギー問題について、技術翻訳を依頼する際のポイントをまとめています。環境・エネルギー問題を解決するには、国際的な情報交換が欠かせません。環境問題を語るうえで、研究機関の学術論文など把握できるほどの知識も持っていなければなりません。こちらでは環境・エネルギー関連文書の翻訳に必要なことを紹介。さらに環境・エネルギー関連文書が得意な会社の選び方も紹介しています。

特許文書

特許文書を翻訳することを特許翻訳といいます。技術翻訳の一つで、衣料薬やソフトウェアの特許うなど、一般的な文書とは少し違った文献になります。通常の技術翻訳とは違ったスキルが求められるため、会社選びも慎重に行わなければなりません。こちらでは特許文書にあたる文書の種類を紹介しつつ、それらの翻訳を依頼するうえでのポイントも紹介しています。

 
▲ページの先頭へ
英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ